賢い女性は「短期払い」を選ぶ?

(ここまでのあらすじ) トンデモ保険情報があふれてる (クリックすると開きます)
たまたま都内の中型書店で一誌だけあった「保険の雑誌」を手にとった事がキッカケでした。
CFPというそれなりの資格を持った方が、トンデモ記事を堂々と書いている。
ネット上にも、トンデモ記事が溢れてる。

こんなアホな記事をみて、大きなお金に関わる保険を選んでしまったら、
きっと数十年後に後悔する。。。
でも、払ったお金は戻ってこない。。。
見て見ぬふりは嫌だなぁ。

と、この一連の投稿を始めてみました。
とりあえず、雑誌やネットにある記事をたたき台につらつらと書いていきます。
保険の話を通して、人生のお金のことを考えるキッカケにして頂ければ幸いです。

賢い女性は短期払いを選ぶ?画像

だそうです。
結論から言ってしまうと、

「短期払い」にした方が、(最近は)販売手数料がいい。
「終身払い」については、一部の保険を除いて販売手数料がどんどん悪くなっている。
というのが、裏事情です。

なのに、このCFP監修の雑誌では
「保険外交員や代理店がオススメする商品は、販売手数料がいいものだから気をつけましょう」
とか記事に書いてます。詐欺師か。。。

では、説明します。

短期払い? 終身払い?

まず最初に、この2つの違いから。

「短期払い」「終身払い」というのは、保険料の払い方を表す言葉です。

  • 短期払い・・・保険料の払込期間に期限を設定する。10年間、20年間、60歳まで、65歳まで など。
  • 終身払い・・・一生涯払い続ける。

具体例をみてみましょう。


今回は、「30歳女性」という設定で、ライフネット生命を使ってみます。

(前回のオリックス生命もですが、特にオススメの保険会社というわけではありません。なんとなく選びました笑。アフィリエイトではないので、いずれリンク切れになると思います。「保険料 シミュレーション」で検索すれば、何かしら試算できる保険会社が出ますので、気になる方はそこを使ってください。)

結果

  • 保険料払込期間【60歳まで】 → 3041 円/月
  • 保険料払込期間【65歳まで】 → 2604 円/月
  • 保険料払込期間【終身】    → 1701 円/月

保険料シミュレーション60歳払い保険料シミュレーション65歳払い保険料シミュレーション終身

ライフネット生命公式サイトより

今回は、終身医療保険を例にしてみました。

この保険は、「終身医療保険」という名前の通り、一生涯の医療保険です。
入院日額 5000円で設定したので、入院したら一日 5000円が出ます。

で、

60歳払いは、3041円/月。
65歳払いは、2604円/月
終身払いは、1701円/月です。

この金額の差は何かというと、

要は、「分割払い」なんです。

医療保険という商品の代金を、
60歳まで30年間で払い終えるか、65歳まで35年間で払い終えるか、月々安くしてずっと払い続けるか。

なので、合計金額を計算すると、(女性の平均寿命が約85歳なので、)
60歳払いは、合計 109万円。
65歳払いは、合計 109万円。
終身払いは、合計 112万円。 

あんまり変わらないですね笑。実はこんな感じなんです。

どれが賢い選択か??

先に結論。個人的見解ですが。

どれでもいいんじゃないかなぁ。。。

3000円が高いって思えば、1700円くらいで済む終身払いでいいと思いますし。

2600円くらいなら無理なく払えるって思うなら、65歳払いでいいと思いますし。

60歳以降は保険料払いたくないって思うなら、60歳払いでいいと思いますし。

もしくは、
「合計100万ちょっとか。そんなに入院するかな?
手元に100万円以上ゆとり資金あるし、健康保険の高額療養費制度が今後継続するとしたら、入院用の医療保険は要らないかな〜?」
って思えば、医療保険に入らない選択肢っていうのもあると思うんですよねぇ。(これ禁句???)

あるいは、
「今は預貯金にゆとりがなくて入院したら困るから、とりあえず医療保険に入っておいて、
できれば将来に向けて資産形成しておきたいから、月々安い終身払いにしておいて、
お金貯まったら解約する!」っていう考え方もあると思います。

これって、
それぞれの現状や、金銭感覚によって答えって変わると思うんですよ。

なので、
短期払いが賢いとか、そういうのには気をつけた方がいいと思います。

以上、賢い保険料の払い方のお話しでした。

(余談ですが、実は自動車保険の加入率って7割くらいなんです。これ事故被害にあっても相手に支払い能力がないと、なかなかお金を受け取れないです。こんなパターンもあるので、私は健康だから保険は要らない!っていう考え方は気をつけた方がいいです。念のため。)